初心者のインパクトドライバ選び10選

ホームセンターの売り場にいくとインパクトドライバーの展示品がとても多く、圧倒されたことはありませんか?

初心者の方が、いちばん最初にそろえる電動工具と言えば、インパクトドライバーではないでしょうか?

しかし、見た目はほとんど一緒なのに、「ドライバードリル」「インパクトレンチ」と言った似たような工具があって訳が分からなくなったことはありませんか?

おまけに、たくさんの電圧があるので、初心者の方は「いったい、どれを選べばいいの?」と思うかもしれません。

このページは、初心者の方にインパクトドライバーの選び方を詳しく解説します。

※こんかいは、7.2V~のインパクトドライバーを対象とします。

インパクトドライバーとは?

makitaのインパクトドライバは種類も豊富

インパクトドライバーとは、ドライバーを電動モーターで駆動させる電動工具です。

つまり、手で使うドライバーを電動式にした電動工具です。

ビスなどを〆るとき打撃(インパクト)が加わることからインパクトドライバーと呼ばれています。

打撃が分からない人は動画を見てください!

10秒以内で見れます。

締めた後に「ダダダダッ」と音がしてますが、これが打撃(インパクト)になります。

この、打撃により分厚い木材に長いビスを打ち込むことも簡単にできます。

  • 打撃がある方がインパクトドライバー
  • 打撃がない方がドライバードリル

です。

インパクトドライバーは、長いビスを締めつける作業に向いてる工具です。

ドライバードリルでも、長いビスを締め付けることは可能ですが、インパクトドライバーと比べるとパワー不足になります。

ビットを交換すると色んな事に使える!

インパクトドライバ展開図

また、スリープにつける先端工具(ビット)を交換すると、ボルトも締める事ができる便利な電動ドライバです。

ほかにも、ビットを交換すると

  • 研磨
  • 穴あけ

などが、すばやくできる電動工具です。

ビスを交換すると鉄板やコンクリートなどにもビスを打ち込む事ができます。

木工ビスについては、別ページで詳しく解説しています。

これからはじめる作業に、どのビスを使うべきか?

イマイチわからない方は、合わせて読んでください。

木工工作ビスと釘の違いについて

ドライバードリルとの違い

実は、私も若いときに仕事でインパクトドライバーを買うためにホームセンターで手頃な値段のインパクトドライバーを買ったつもりでした。

初めて買った工具で嬉しかったのですが、いざビスを打ち込むと打撃音がしないし、ビットを装着するのも少し違うことに、すぐ気付きました。

他の人のを見ると、ワンタッチでできるのに私のは違います。

形はそっくりですが、ドライバードリルとインパクトドライバの見分けがつかず間違えて購入したことを覚えています。

インパクトドライバーとドライバードリルの違いを別ページで解説してます。

おすすめのドライバードリル・ドライバードリルとインパクトドライバーの違いを解説!

初心者がインパクトドライバを選ぶポイントを解説

ここから、インパクトドライバーを購入するポイントについて解説します。

インパクトドライバーは

  • バッテリー式
  • 100Vなどのコード式
  • 高圧のエアで駆動させるエアインパクト

以上の3タイプから選ぶことになります。

こんかいは、コードレス式のインパクトをピックアップして解説します。

※ここでは、初心者向けの工具えらびなのでエアインパクトは省略します。

移動の多い作業で使う方はコードレスタイプを選ぼう!

インパクトドライバはビットを替えると色々な用途に使える

ネジを締める作業は、移動の多い作業です。

壁・天井・床・室内・屋外などでネジを締める場面がけっこうあります。

天井や屋外でビスを打つとき「コードが短くて届かない」なんてことも良くあると思います。

やっぱり、どんな場所でも使えるコードレスタイプをおすすめします。

コード式・コードレス式どちらを選ぶか?】について詳しく以下の記事で解説してます!

「電動工具コード式・コードレス式どちらを選ぶ?」メリットデメリットを詳しく解説

「ペン型・ピストル型」どちらを選ぶ?

インパクトドライバ プロ用・DIY用

インパクトドライバーは、冒頭で書いてますが種類の多い電動工具です。

大雑把にわけると

  • ペン型
  • ピストル型

この2種類になります。

細かく分けると、もっといろいろな種類がありますが、複雑になるので省略します。

ここからは、2タイプのインパクトドライーを解説します。

ペン型のインパクトドライバーのメリット

ペン型のインパクトドライバーは軽作業向き

まずは、ペン型のインパクトドライバーです!

このタイプは軽作業におすすめ!

「軽作業ってなに?」って方に説明します!

例えば、ホームセンターなどで購入した家具などを組み立てる場合です。

ほとんどが、このタイプで対応できます。

家電などの組み立て・修理でビスを外すときは、「ペンタイプのインパクトドライバー」に限ります。

ただし、ペン型のインパクトドライバーでもプラスチック製品は締めすぎに注意してくださいね!

トルク(締め付ける力)は弱めですが、締めすぎると割れてしまうこともあります。

家電製品はプラスチックなどでつくってるので、手締めやドリルドライバーを使おう!

ペン型のインパクトは、ちょっとした物を壁につけたり、カーテンレールの取り付けにも使えます。

トルクが弱いので小さいネジをなめてしまうことがほとんどありません。

このタイプは、軽いので長い時間つかっても疲れる事がないといったメリットがあります。

もう一つのメリットは、せまい隙間にあるネジを、かんたんに締めることができます!

おすすめペン型インパクトドライバー

では、国内メーカーの売れ筋ペン型インパクトドライバーをピックアップします。

ここでは、バッテリ×2個付き・充電器・収納ケース付きフルセットの紹介です。

締付け能力は、20~25ニュートンなので「家電修理・家具の組み立て・壁に金具」などを取り付けるのに便利なタイプです。

ハイコーキ 7.2Vコードレスインパクトドライバー FWH7DL(LCSK)

7.2Vリチウムイオン電池搭載の軽作業向けモデル、白色LED搭載で暗がりでもネジ頭がしっかりと見えます。

手締め機構(スピンドルロック)つきで手回しでの増し締めが可能で、電池は別売の7.2Vクリーナーと共有できます。

    パナソニック 7.2Vコードレスインパクトドライバー EZ7521

    家電のパナソニック!このインパクトのセールスポイントは手元を照らすLEDです。

    とにかく明るい!

    さすが家電メーカー!

    インパクトに大きなLEDライトが付いてるのが特徴です。

    速度 2300 毎分回転数
    電源 充電式
    商品寸法 (長さx幅x高さ) 23.5 x 4.4 x 14.6 cm
    電圧 7.2 ボルト
    トルク 25 Newton Meters
    最大チャックサイズ 13 ミリメートル
    電池セルの構成 リチウムイオン
    マキタ 7.2Vコードレスインパクトドライバー TD022DSHX

    ロングセラーのペン型インパクトドライバーです。

    これ、わたしも持ってるので、是非紹介したかった商品です。

    別ページでレビューしてます!

    makitaインパクトドライバTD022DSHX 1年 使い倒した感想をレビュー

    インパクトドライバーの中でいちばん使ってます。

    やっぱり軽いから、ちょっとした作業はこればっかりです!

    ペン型のインパクトは、ポケットに入れても邪魔にならないのがいいです!

    ペン型インパクトドライバーのデメリット

    デメリットは、トルク(締める力)が弱いという事です。

    長いビスを締めるのに時間がかかってしまいます。

    力が弱いので、長いビスや堅い材料にビスを打てない場合があります。

    また、作業時間も短いので、たくさんのビスを打つ場合はバッテリ容量の大きなタイプを選ぶことになります。

    堅い材料にビスを打ち込む・作業量が多い場合は、スタンダードなインパクトドライバーを選んでください。

    それでは、次にスタンダードタイプの説明をします。

    ピストル型インパクトドライバー

    ピストル型 インパクトドライバ

    インパクトドライバーの代名詞といえば、このタイプになります。

    種類も豊富!通常10.8V~36Vのタイプが選べます。

    メリットは、トルク(締め付ける力)が強いことです。

    36Vタイプになると、鉄・コンクリートなどの堅い材料に「ガンガン」ビスを打ちこむことができます。

    バッテリ容量が大きいモデルは、一回の充電でビスを何百本も打つことができるんですよ!

    また、穴をあけ・磨き作業にも使うことができ、用途が多いことが特徴です。

    木工作業は、14.4V以上のインパクトドライバーを1台もってると、作業がはかどります。

    おすすめのインパクトドライバー DIY用

    「電動工具を揃える予定がない」・「インパクトドライバーだけが欲しい」という方は安価なタイプでOKです!

    ホームセンターにいくと10000円以下のタイプを見つけたけど「大丈夫かな?」って思ったことありませんか?

    大丈夫です!

    ここでは、安いけど十分使えるDIY用の国内のインパクトドライバーを紹介します。

    アイリスオーヤマ インパクトドライバー JID80

    アイリスオーヤマ インパクトドライバ JID80
    引用:Amazon

    家電ではすっかりお馴染みのアイリスオーヤマから販売されてるインパクトドライバーです。

    お値段が安いのは、パワーが余りない事!

    しかし、ネットで6000円前後で販売されてる事を考えると、これで十分かもしれません。

    さすがに、工具メーカーの品質にくらべると落ちますが、故障などの心配はなしです。

    締付け能力 サイズ 無負荷回転数
    80N・m D18 x H210 x W70cm:800g (回転/分)0~‎2700 毎分回転数
    電源‎バッテリ駆動電圧 付属品 おすすめ度(5段階)
    10.8V ビット10種 ・充電器・充電式リチウムイオン電池・ACアダプタ

    3

    最安を探す セールスポイント
     フルセットでこの値段は安いです!

    ビット10種類付き、ほとんどのネジを〆ることができる

    ハイコーキ インパクトドライバー FWH12DGL

    ハイコーキ インパクトドライバ FWH12DGL
    出典:Amazon

    わたしも使っています。

    14.4Vのタイプと10.8Vのタイプがありますが、10.8Vでも十分使えます。

    もちろんお値段も14.4V比べると安くなっています。

    10.8Vあれば、「ビス打ち・家具組立・壁に金具を取り付ける」ほとんどの作業は、これ一台でこなすことができます!

    プロの大工、カミヤさんが動画でFWH12DGLをわかりやすく解説してます。

    DIYに興味がある方は、カミヤさんが大変参考になる動画をたくさんアップしてくれています。

    是非動画を見てください。

    締付け能力 サイズ 無負荷回転数
    110 Newton Meters 15 x 21.7 x 2.9 cm; 1.1 Kg (回転/分)0~‎2700 毎分回転数
    電源‎バッテリ駆動電圧 付属品 おすすめ度(5段階)
    10.8V 急速充電器、ケース付き電池付属‎はいバッテリータイプ‎リチウム
    (電池2個付き)

    4

    最安を探す セールスポイント

     

     10.8Vで110N・mあるので結構パワーあります。DIY用でしたらこのタイプがおすすめ!

    マキタ インパクトドライバー M695DS

    マキタ インパクトドライバM695
    出典:アマゾン

    マキタのDIYモデルを紹介します。

    充電式14.4V トルクは 130N・mあるので木工作業におすすめのインパクトドライバーとなります。

    これだけ、パワーがあればなんでもできます!

    価格も10,000円を少し超えるくらいなのでおすすめです。

    シンプルなタイプなので使いやすく重量も1.3kgと軽量なので初心者の方にも扱いやすいタイプとなります。

    締付け能力 サイズ 無負荷回転数
    130N・m D173 x H225 x W82mm:1.3kg (回転/分)0~3000 毎分回転数
    電源‎バッテリ駆動電圧 付属品 おすすめ度(5段階)
    14.4V バッテリBL1415G+充電器DC 18SG +ケース付き

    3

    最安を探す セールスポイント
     シンプルなDIYエントリーモデル

    ピストル型インパクトドライバー デメリット

    万能なタイプのインパクトドライバーですが、もちろんデメリットもあります。

    • 価格が高いこと
    • 重いこと
    • 繊細なネジ締めなどには向いていないこと

    などの欠点があります。

    それから、意外な欠点があります。

    【盗難が多いこと】です。

    インパクトドライバーは上位モデルになると、一番盗難が多いのでしっかり管理してください。

    私の知人は、二度もインパクトドライバーの盗難にあい、メーカーを替えるはめになりました。

    盗難にあったのは、国内の人気メーカーだったので、海外メーカーに替えたそうです。

    プロ用かDIY用か?

    さて、いつも「どちらがいいか?」になってしまいますが、たくさんの作業をする予定の方はプロ用です。

    耐久性も高く作業もはやくなります。

    • インパクトドライバー以外の電動工具を揃えたい方はプロ用
    • インパクトドライバーだけで他に工具を揃える予定がない方はDIY用

    こんな選択でもOKです!

    別ページでプロ用とDIY用の違いを詳しく解説してます。

    電動工具プロ用とDIY用ここが違う!

    これから電動工具を揃えるなら初心者でもプロ用がおすすめ!

    マキタTS141DRGX

    7.2V/10,8V DIY用のインパクトドライバーを散々おすすめしましたが、木工作業をするなら「プロ用18Vがおすすめっ!」と当社の社長からアドバイスをいただきました。

    「なぜプロ用18Vがおすすめなのか?」

    いくつか教えていただきました!

    木工作業はインパクトドライバーの使用頻度が一番高いので18Vがいいそうです。

    ネジを〆るだけ!他に電動工具を揃えていく予定がない場合は10,8Vでもかまわないそうです。

    これから、DIYで少しずつ丸ノコやジグソーなどを揃えていきたいのなら18Vのインパクトを買った方がいいとアドバイスいただきました。

    電動工具は18Vがメイン

    他の充電工具を揃えることを考えると、やっぱり18Vがおすすめだそうです。

    マキタの場合、18V仕様バッテリーは300種類以上の電動工具があります。

    これは、すごいですよね?

    現在、各メーカー18Vの電動工具をメインに販売しています。

    それに伴い徐々に「14.4Vはフェードアウトしてきてるよ!でも、初心者の方は14.4Vでも十分使える」と教えていただきました。

    これから、電動工具を揃えたい方は14.4Vか18Vを購入するべきで、インパクトドライバー以外買う予定が無い方は、安い物でも構わないと言った結論になります。

    インパクトドライバー 14Vのおすすめ機種!

    インパクトドライバー14.4Vの紹介です。

    14.4Vあれば木工作業は全く問題ありません。

    かえってパワーがありすぎると使いづらい時もあるので、初心者の方は14.4Vを購入した方がいいと思います。

    マキタ インパクトドライバーTP131DRGX

    マキタ TP131DRGX  14.4Vでも145N・m(ニュートン)あるので結構なパワーがあります。

    小型軽量タイプ 打撃の種類は4モード インパクト・振動・ドリル・ネジ締めプラス「テクスモード」が付いています。

    これ、すごいですよね!14.4Vでこれだけのモードが付いてるとは驚きです!

     

    マキタ インパクトドライバー TD138DRFX

    マキタのTD138DRFXの紹介です。
    オーソドックスなインパクトドライバーでお値段もプロ用の中では、安い方です。
    14.4Vで160N・mあるので木工作業におすすめです。

    ハイコーキ インパクトドライバー18V WH 18DKL

    ハイコーキのWH 18DKL(2LSCK) ハイコーキのインパクトは14.4Vよりも18Vがおすすめです。

    マルチバッテリが付いているからです。

    18Vと36Vの電動工具が共有できる素晴らしいバッテリです。

    どうせプロ用を買うならハイコーキは18Vのインパクトドライバーがおすすめです。

    初心者に一番おすすめしたいインパクトはこれ!

    インパクトドライバー、このページで9個紹介しましたが、一番おすすめしたいのがこの機種になります。

    お値段と仕事量を両立したハイコーキのインパクトドライバーです。

    最大トルク172N・mのシンプルモデル、ハイコーキの同一スペックの中でもお値段が安めです。

    プロ用を買うなら一押しです!

    ハイコーキ インパクトドライバー WH 18DB(2CS)

    ハイコーキ プロモデルWH 18DB(2CS)を最後に紹介します。

    一番おすすめのインパクトドライバーです。

    4モード切替機能はついてませんが、その分お値段も安くなっています。※ハイコーキ18Vインパクト比較

    プロ用インパクトドライバーはどこのメーカーがおすすめか?

    プロ用は「マキタ・ハイコーキ・RYOBI・パナソニック」が良いでしょう。

    とくに「マキタ・ハイコーキ」は品質も高く、これから電動工具を揃える方におすすめしたいメーカーです。

    最近、RYOBIも京セラと提携して良い商品をたくさん出してます。

    パナソニックは、電気関係の職種の方に支持されています。

    「結局どのメーカーがいいのか?」と聞かれると、これから工具を揃える予定の方はマキタ・ハイコーキが絶対におすすめです。

    バッテリ式の工具をたくさん出してるので、一つバッテリを持ってると色々な工具が使える事になります。

    電動工具を、これから揃えるなら「マキタ・ハイコーキどちらを選ぶ?」の記事を掲載しています!

    はじめての電動工具選び マキタ ハイコーキどっちを選ぶ?

    まとめ

    まとめです!今回は、ペンタイプ・スタンダードタイプのインパクトドライバーを紹介しました。

    インパクトドライバーは種類もたくさんあり、ここでは10個だけ厳選して紹介しています。

    インパクトは家具などの組み立てに使うのであれば、格安のタイプで大丈夫です。

    丸ノコやサンダなどの工具を揃える予定があればプロ用も選択肢に入れた方がいいと思います。

    インパクトドライバーだけは、充電式のタイプを選ばないとせっかく買ったのに使えないなんてこともあると思います。

    予算的に厳しい方はDIY用のタイプでも十分に使えるので国内の実績があるメーカーから購入してください。

    インパクトドライバーは選ぶときに手触りやバランス・重さなども重要です。

    ホームセンターなどに行って実物を触ってみると参考になります。

    用途にあったインパクトドライバーを買えば長い間使いこなすことができる便利な工具です。