ハイコーキ WH36DC

こんかいは、36Vのインパクトドライバのレビューです。

ボルトを外そうと思い、14.4Vのインパクトにソケットを付けてチャレンジ!!

あれ?びくともしない!!

そこでWH36DCにソケットを付け直し再チャレンジ。

イヤー凄いですよ!

一瞬で外れました!

小さいのにパワーが違います。

パワーがあるのにブレも少ない!!

これって良くない?

回転速度の調整も18Vよりも扱いやすい!!

硬そうなボルトを外すなら、こちらは最高!!

大工さんも使われている方は多いようですね。

次にビスを打ち込んでみました。

65mmのビスをを使用するとスーっていきました。

更に色々試したいと思い、ドリルビット使いました。

これも問題なくスーっていきます。

穴も綺麗にあきます。

WH36DAからバージョンアップした新型のWH36DCどこがどう変わったのでしょうか?

こんかいは変更点と、実際に半年間使ってみた感想をレビューいたします。

新型のインパクトドライバを使った感想

最初に使った感想を!

当たり前ですが、36Vシリーズフラッグシップモデルなので、パワーは申し分ないです。

正直、インパクトドライバは18Vで十分だと思っていました。

36Vはパワーがありすぎて、かえって使いずらいといった先入観があったからです。

18Vを最初に使った時でも、ビスの打ち始めは、慣れるまで少し時間が掛かったような気がします。

WH36DCはパワーモードでも、カムアウトすることがなく「あれっ?けっこう使いやすいな?」と不思議な感覚になりました。

やはり、ビットのブレが影響してるかと思います。

これだけ、回転数が上がっているのにブレがないので、長いビスも簡単に打ち込むことができます。

むしろ、今まで使っていた18Vのインパクトドライバの方がカムアウトしやすいのでびっくりしました。

それでは、次の章で旧型からの変更点と使った感想を合わせて書いていきます。

旧型と比べて(WH36DA)

ガイドスリープ

それでは、旧型のWH36DAから、どの辺が進化したのか説明してみたいと思います。

まずは、見た目です!

ほとんど、変わらないと思ったのですが、よく見ると少しカッコよくなってます!

ヘッド部分はスリムになった感じがします。

もう一つ、ガイドスリープ旧型よりも摘まみやすくなりました。

ヘッドが114mm短縮

ハイコーキのWH36DCはヘッドの長さ114mm

ヘッドが全長114㎜、旧型と比べて13㎜小型化してます。

重量はバッテリを装着して1.6kg、旧型と変わりません。

13mmの差は、ぱっと見わかりませんが、旧型と並べるとハッキリと違いがわかります。

ハイコーキのインパクトドライバは、バランスが良いですよね!

他社製のインパクトより軽く感じます。

アンビルの振れが最大0.6㎜

ブレが少ないので正確にビスを打ち込む事ができます。

WH36のビットブレ

これって、画像では分かりにくいのですが、私が使ったインパクトドライバでいちばんブレが少ないと思います。

パワーがあるインパクトはビットブレが大きくなるとビスを折ったり・カムアウトが多くなります。

今回のバージョンアップ!私のような不器用な人間は、カムアウトが少なくなり助かります。

ビスを変なとこで折って、社長から叱られるのも減りそうです。

動画でブレを撮影してみました!

ハイコーキWH36DCとマキタのTD157を比較してます。

向かって左がハイコーキ・右がマキタ

締付け能力がアップ!

締付けスピードがアップ

締付け能力は200N・m、前作は180N・m、20N・m上がってます。

締付けのトルクは、正直申し上げるとマキタのTD001が220N・mあるので、ビスをはやく打ち込むことできそうですが・・・・

そうでもなさそうです。

実はハイコーキには秘密があります。

ハイコーキのインパクトドライバには「トリプルハンマー」が付いています。

締付けスピードは、マキタに負けていません。

微調整もしやすく低速回転時の作業効率が向上してます。

ハイコーキのトリプルハンマー
引用:ハイコーキ

弱締がしやすくなった!

旧型は、ビスを弱く締めるときに上手く打撃ができなかったのですが、新型は微調整ができるようになっています。

旧型はトリガーを弱く引くと、ロックが掛かり打撃ができなかったのですが、新型は弱く引いても、ゆっくりした間隔で打撃を加えてくれます。

文章では、上手く説明できないのですが・・・

簡単に言えば、弱締めでも微調整ができるようになったという事です。

旧型は、これができなかったのですが・・・・新型はロックしないで打撃を加えてくれます。

LEDが進化して明るくなった!

WH36DCのLED

LED機能も進化し3灯LEDを搭載し、先端を360°照らします。

薄暗い場所での作業がスムーズに進みます。

WH36DAはLEDが1個でした。

旧型のLEDだと影ができますが、こちらは影ができません。

大工さんは、工事現場で曇りの日や日没後も、これだけ明るいと助かると思います。

少し明るすぎる気もします。(笑)

懐中電灯のかわりになります。

モーター音が少し静かになった!

ハイコーキのプロ用手持ち式丸ノコはキックバック軽減機能付き

旧型に比べてモーター音も少し変更されています。

高いモーター音って少し耳障りですよね?

トリガーを引くと「ウイーン!ウイーン!」ってする音です。

これが、少し静かというか高音が抑えられています。

旧型に比べると明らかに静かです。

ハイコーキの丸ノコを使ったときも感じたのですが、ハイコーキのモーター音って静かなんですね!

※静音モード時です!丸ノコの時も静かでビックリしました!

細かいことですが、企業努力をされてるんですね!

便利なアプリ機能

ハイコーキ Bluetoothモデル
出典:Amzon

スマホと連動させることにより回転数や自分にあったフィーリングに調整できます。

この機能をBluetooth機能といいます。※アプリ機能を使用するには専用のバッテリーが必要です。

Bluetooth機能付きマルチボルト蓄電池(残量表示付)BSL36A18B

本来なら本体が連動するのですが、バッテリーに入れる事でコスト削減がはかれます。

重さも通常バッテリ(BSL 36A18)と変わりません。

では設定の仕方です。

ハイコーキアプリのWH36DC設定方法

ハイコーキBluetoothアプリ

①お使いのスマホに『HIKOKI  TOOLS』をインストールしてください。

②バッテリーのボタンを長押しするとペアリングします。

③バッテリーの残量表示が青色に変わります。

④スマホの画面の右下に①という表記がでます。

⑤ニックネームが登録できます。

⑥バッテリー画像も登録できます。

⑦登録したバッテリーの情報を見ることができます。

⑧色々カスタマイズできます。

⑨自分のセッティングをいくつかセッティングできます。

※Bluetooth機能の使用上の性能と注意点

Bluetoothとは無線通信のひとつです。

Bluetoothの周波数帯は2.4GHzです。

干渉領域は約10mとなります。

御使用の前に干渉領域範囲内に産業、科学、医療機器等が使用されていない事を確認してください。

電波干渉が発生した場合には、場所を移すか無線通信をオフにしてください。

ホームセンターを3件回りましたが、売り切れでした。

ホームセンターで購入する場合には取り寄せになるかと思います。

早く欲しい方はネットオークションの方が早いのではないでしょうか?

詳しい設定の仕方はこちらへ ハイコーキアプリ設定の仕方

WH360DCメリット

ハイコーキ インパクトドライバWH36DC

使用時にトリガーの近くに重心があるので手首が疲れません。

一般的な電動ドライバーと比較するとバッテリーの容量がかなり大きいのが第一印象に残りました。

LEDライトで3方向から照らしますので手元が明るく、ミスがへります。

しかも、常時点灯、回転時点灯、消灯のパターンが選択できちゃいます。

木材にビスが簡単に入ります。

イメージ的には固い木材が食パンに感じました。

DIYで使用するなら、これがあれば問題ないとおもいます。

パワーを必要とするプロの職人さんにもオススメできる使いかっての良い製品です。

デメリット

デメリットがあるとすればひとつだけです。

とにかく、パワーがありすぎるので慣れるまで注意が必要。

小さなビス等を外そうとするとパワーが強いのでなめる可能性があります。

また、真っすぐにビスを打ち込まないとビス頭が折れてしまいます。

実際、わたしも使い始めの頃に、なんどかビスを負ったことがあります。

慣れればデメリットはないと言っても問題は無いです。

もし、ビスが折れてしまったら抜くのが大変です。

そんな方の為に、ビスを抜くためのアイテムを紹介しときます。

見た目を好みに合わせることができる

ブラックとグリーンの他にレッド、フォレストグリーン、ブルーの3色のカラーが追加されました。

これにプラスして5色のカラープレートが装着できるようになっております。

ボディのカラー5色にカラープレート5色、5×5で25通りの組み合わせができます。

たくさんの職人さんが集まる現場で、御自身の大事な電動工具が一目で分かるかとおもいます。

※カラープレートは別売りになっておりますので御注意ください。

こちらはレッドですが、他のカラーもあります。

WH360DC展開図

ハイコーキ コードレスインパクトドライバ WH36DC

①蓄電池

②フック

③ハンドル

④正逆転ボタン

⑤モータ(内臓)

⑥プロテクタ

⑦ハンマケース

⑧ガイドスリーブ

⑨LEDライト

⑩スイッチ

BSL 36A 18B

 

⑪締付けモード切替スイッチ

⑫表示ランプ(上からソフト、パワー、ボルト【連発・単発】、テクス)

ソフト 細かい釘や化粧材にダメージを与えない締め付け力

パワー ねじや材料に合った、最大締め付け力を維持。幅広い用途に使用可能

ボルト【連発】 スイッチの引きしろが短く、最高速度の連続締付け作業に効果的

ボルト【単発】打撃を制御し締付力を抑制

テクス ねじの締めすぎによる頭飛びやねじの破断、空転がおきにくい

⑬ライトスイッチ

⑭無線連動/電池残量表示ランプ

⑮無線連動/電池残量表示スイッチ

WH360DC製品仕様

  • 能力 小ネジ 4~8㎜
  • 能力 普通ボルト M5~M16
  • 能力 高力ボルト M5~M14
  • 能力 テクスネジ Φ3.5~Φ6
  • 能力 コーススレッド 22~125㎜
  • 最大締め付けトルク(気温20℃満充電時・締め付け時間3秒) 最大200N・m(2,040kgf・cm)
  • 最大締め付けトルク(気温20℃満充電時・締め付け時間3秒) M16高力ボルト(強度区分10.9)ソケットアダプタ+六角ソケット使用
  • 先端形状 二面幅6.35ビット挿入形状
  • モーター 直流ブラシレスモータ
  • 無負荷回転数(気温20℃満充電時)ソフトモード 0~900min⁻¹(回/分)
  • 無負荷回転数(気温20℃満充電時)パワーモード デフォルト 0~3,400min⁻¹(回/分)
  • 無負荷回転数(気温20℃満充電時)パワーモード カスタマイズ 0~1,900~3,600min⁻¹(回/分)
  • 無負荷回転数(気温20℃満充電時)ボルトモード(連発・単発) 0~2,900min⁻¹(回/分)
  • 無負荷回転数(気温20℃満充電時)テクスモード 0~3,700min⁻¹(回/分)
  • 打撃数(気温20℃満充電時)ソフトモード 0~2,000min⁻¹(打撃/分)
  • 打撃数(気温20℃満充電時)パワーモード 0~4,100min⁻¹(打撃/分)
  • 打撃数(気温20℃満充電時)ボルトモード(連発・単発) 0~4,100min⁻¹(打撃/分)
  • 打撃数(気温20℃満充電時)テクスモード(連発・単発) 0~2,200min⁻¹(打撃/分)
  • 寸法(全長×高さ×センタハイト) 116×241×29㎜(BSL 36A 18B装着時)【ヘッド長:114㎜】
  • 質量 1.6kg(BSL 36A 18B装着時)
  • LEDライト 白色LED(3灯)
  • 使用可能蓄電池 マルチボルトタイプ蓄電池

初心者の方は、ハイコーキのフラッグシップモデルは必要ない!

インパクトドライバは種類の多いカテゴリーです。

初心者の方には、36Vのインパクトドライバは正直必要ないと思っています。

DIY・木工作業で使うなら、やっぱり18Vあれば十分です。

持て余します!(笑)

  • 毎日使う方
  • 仕事で使う方
  • お金持ちの方

以上の方以外は18Vか14.4Vを選んでください。

他のページで、初心者の方におすすめのインパクトドライバを紹介しています。

初心者におすすめのインパクトドライバ10選

まとめ

ハイコーキの電動工具はバッテリーが共有できる物がある事が最高のメリットです。

見た目を自分好みに変える事ができる等の遊び心があるのも惹かれますよね?

電動工具を選ぶにおいて重要な、性能においてもマキタには劣っておりませんので安心して使用できます。

こんかい、レビューするにあたりマキタのTD001を意識して、バージョンアップしたんだなと感じました。

旧型は性能面で、マキタのTD001GRDXに負けているのでは?

と思っていましたが、大丈夫です。

ハイコーキWH36DC新型は負けていません!

機能面で、マキタはビットをワンタッチで装着できる「ワンタッチ装着ビット」が付いてます。

負けてると言えば、唯一このへんだけでしょうか?

まぁ、どちらにしろマキタを選んでもハイコーキでも買って損はありません!

しかし電動工具って奥が深いですよね?

今、使っているものに慣れてくるとワンランク上の物が欲しくなってしまいます。

今回はハイコーキのインパクトドライバーWH36DCを御案内させていただきました。