ハイコーキのプロ用手持ち式丸ノコはキックバック軽減機能付き

こんかいは、ハイコーキ充電式丸ノコC3605DCのレビューです。

丸ノコと言えば、やっぱりマキタとハイコーキの2択になると思います。

わたくし、充電式の工具は長年マキタを使ってきましたが、C3605DCをきっかけにハイコーキに乗り換える事にしました。

理由ですか?

やっぱりバッテリの存在が大きいです!

いぜんから、36Vのパワーがある丸ノコを一台欲しかったのですが、マキタは18Vと36Vのバッテリを2種類そろえないといけません。

充電式の電動工具はバッテリが高いので、これがどうしてもネックになり、納得できません。

マキタって18Vユーザーを何と思ってるのでしょうか?

バッテリに関しては、職人さんや我々のようなミドルユーザーから非常に評判が悪いです。

こんかい、思い切ってC3605DCの購入を切っ掛けにハイコーキデビューしました。

丸ノコは、マキタ・ハイコーキどちらを買っても遜色ありませんが、ハイコーキの充電式丸ノコC3605DCとマキタの丸ノコを比べた感想を記事にします。

ハイコーキC3605DCのデメリット

充電式丸ノコC3605DCのデメリットは少ない

デメリットを先に書いときます!

  • バランスはマキタの方が良い
  • 147mmなのでチップソーが少ない
  • 純正のチップソーは黒シャチをつけて欲しい
  • 最後は、ハイコーキの丸ノコは型番がややこしい

このくらいでしょうか?

「買って失敗したな」と言うことはないです。

「C3605DCを買いたいなぁ」と思ってる方は安心してください。

逆に言えば4つしかデメリットのない丸ノコです。

しかも、4つともデメリットと言うほどのものでもありません。

それでは、次の章でデメリットをもう少し詳しく書きます。

デメリット1:バランスはマキタの丸ノコが良い!

ハイコーキの丸ノコC3605DCを購入して最初に感じたのは

「少しバランスが悪いなぁ~ 」

これが、第一印象です。

重心が中央ではなく「丸ノコの後ろ」バッテリの位置にあるような気がします。

マキタの丸ノコは、非常にバランスが良く、木材を切断してるときに凄く安定感があります。

重心が丸ノコの中央にあり、ハイコーキの丸ノコと比べると扱い易い印象を受けます。

上の写真を見てください。

マキタはベースプレートも幅が広く、どっしりしています。

一方のハイコーキは、縦に細長くバッテリの位置も後ろにあるので、若干バランスが悪く感じたのは、このせいかもしれません。

ハイコーキの丸ノコはmakitaに比べると「少しバランスが悪い」これが第一印象てす。

しかし、これは使ってるうちに感じなくなると思います。

慣れの問題だと割り切れば大丈夫です、

ハイコーキ・マキタ充電式マルノコ
ハイコーキはバッテリが後ろに付いているので少しバランスが悪く感じる

デメリット2:147mmのチップソーが入手しにくい

147mmの丸ノコは、悪く言うと中途半端なサイズになります。

チップソーが125mm・165mmに比べるとホームセンターなどで売っていません。

マキタは、147mmの充電式丸ノコは存在しません。

「あまり需要のないサイズ」と言っては言い過ぎかもしれませんが、125mmと165mmのチップソーが一般的です。

しかし、165mmよりも重量が軽くて取扱いがしやすい、105mmの角材を上下2回で切ることができる。

これは、ミドルクラスサイズの良いところです。

デメリット:チップソーは黒鯱をつけてほしい

マキタは、プロ用丸ノコHSシリーズに、鮫肌という名前のチップソーが最初からついています。

マキタで、いちばん切れるチップソーですね!

一方のハイコーキは、黒鯱(ハイコーキでいちばん切れるチップソー)という名前のチップソー が別売りとなっています。

さいきん、標準で付いてくるようになってますが、マキタに鮫肌が付いてハイコーキには黒鯱が付いてない?

この辺は、マキタが頑張っているように見えます。

がっ!その分マキタは金額が高くなってます。

冷静に考えるとマキタが良心的といったことも無さそうです。

ハイコーキは、C3605DA・DBなどで、マイナーチェンジを機に黒鯱を付けてくれています。

チップソーに関しては、ハイコーキも標準で付けるようにしてるので、マキタの優位性はなくなってきています。

ハイコーキの評価できるとこですね!

このデメリットも解消されると思います。

鮫肌・黒鯱ってなに?

鮫肌:マキタのチップソーです!一番マキタで切れ味の鋭いタイプ

黒鯱:ハイコーキのチップソーです!マキタに対抗してハイコーキが販売してる一番切れ味が鋭いタイプです

デメリット4:名前(型番)がわかりずらい!

C3605は末尾にSKが付いてるとマイナーチェンジとなる

これも、デメリットというほどの物ではありませんが、名前がわかりずらいです。

C3605DA

C3605DB

C3605DC

なんだか分かりにくいですよね?

C3605が125mmタイプ・C3606が147mmタイプと思ったら、C3605DCは147mmになってます。

どうせだったら、3605が125mmで3606が147mm・3607が165mmといった具合にしてくれると分かりのですが・・・3605には125mmと147mmが混ざっています。

さらに、マイナーチェンジ版は末尾にカッコ品番(SK)が付いてくるので、ほんとややこしいです。

ネット通販などで買う場合は、品番を間違わないようにしてください。

※マイナーチェンジしたC3605シリーズは、(SK)が付いています。

C3605DC(SK)2XPS マイナーチェンジ版
Bluetoothバッテリ×2
充電器
黒鯱チップソー付
システムケース4付き

C3605シリーズのマイナーチェンジ

マキタ丸ノコフラッグシップモデル

C3605シリーズは最近マイナーチェンジをしています。

最初から黒鯱(チップソー)をつけたり、分間の回転数5000回転から7000回転にアップしています。

これは、マキタの丸ノコ40V maxシリーズがハイコーキの丸ノコ36Vと比べて、明らかに切れ味が違ったので、対策として回転数を上げてきたと思われます。

簡単に言えばマキタ対策です。

40V丸ノコに関しては、マキタに水を開けられた感がありましたが、マイナーチェンジによってハイコーキが、また一歩リードしています。

しかし、残念ながら今回のマイナーチェンジ、C3605DCだけ回転数がアップしてません。

これは、少し残念です。

回転数アップによるメリット

ところで、回転数が上がると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

回転数のアップは、木材を切るときにはっきりとわかります。

回転数が低いと、丸ノコを前に押し進めると負荷がかかり、なかなか進まないようになります。

とくに、堅い木材を切るときに顕著にでてきます。

マキタの36V丸ノコが「スイスイ切れる」とたくさんの方がいってるのは、回転速度が速いからです。

また、ブロワ機能にも影響します。

丸ノコは、刃の回転する風圧で墨線上の木くずを飛ばしますが、回転数のアップにより風圧がアップします。

マキタの36Vシリーズのブロア機能が良いと評判だったのは、回転数が高いからです。

あっ!わすれてました!

回転数が上がると切断面の仕上がりがきれいになります。

今回のマイナーチェンジによりブロワ機能もハイコーキが一歩リードしたのではないでしょうか?

キックバック軽減システムが付いている

他のページで何度も、紹介してますがハイコーキの充電式丸ノコはキックバック軽減機能が付いています。

この機能はプロ・アマの方に、すごくありがたい機能じゃないでしょうか?

もちろん、マキタの丸ノコにもキックバック軽減機能は付いてますが、残念ながら40Vmaxにしか付いていません。

マキタの場合、DIYユーザーがハイコーキより多いと思うのですが、DIYユーザーが多いマキタにキックバック軽減機能が付いてないのは残念です。

軽減機能が搭載されてることによって、キックバックはある程度防ぐことができます。

別ページでキックバックについて詳しく解説しています。

あわせて読んでください。

丸ノコのキックバック対策 これを知らないと怪我をする!

サイレントモードが思った以上に静かでビックリ!

キックバック軽減機能が付いた丸ノコ

サイレントモードは、マキタの丸ノコには付いていない機能です。

実際にサイレントモードで丸ノコを動かすと、全然静かです。

騒音測定をしている動画を見かけると、数値はさほど違いませんが、実際に試してみると明らかに違います。

これは、良いですね!

集合住宅などで近隣に迷惑をかけたくない場合は、サイレントモードをオンにすると、丸ノコ独特の高い音がカットされ、気兼ねなく使うことができます。

これ、ほんとに違います。

マキタに無い「静音機能」正直、ビックリしました。

バッテリの抜差しはハイコーキがスムーズ

マキタの丸ノコを使っていると、いつも思うのですがバッテリが本体から外しづらいです。

マキタのバッテリは、バッテリストッパー(白い部分)の位置が悪く中指で外さすことになります。

これが、新品のバッテリに交換すると馴染むまで堅くて外しにくいです。

一方のハイコーキは、親指と中指の2箇所でつまんで外せるので力を入れることなくスムーズに外すことができます。

精度・切れ味について

LS610DZの切断面はきれいに仕上がる

精度・切れ味については、言うまでもなく最高です。

切断面もきれいで、直角も測ったように出ます。

チップソーが、黒鯱ではないのですが純正でも切断面・精度は全く問題ありません。

手持ち式の丸ノコは、マキタ・ハイコーキを買えば間違いがないと言っても過言ではないと思います。

さすが、36Vのハイスペックなので、以前使っていたマキタの18Vと比べると、パワーは雲泥の差です。

充電式の丸ノコは、18Vになると若干パワー不足を感じてしまいます。

これは、分厚い木や堅い木を切ると顕著に出てきます。

ハイコーキの36Vになると100Vのコード式と変わらないパワーになっています。

堅い木でもガンガン切れます。

切れすぎて怖いくらいです!

むしろ、36Vの方がパワーがあるような気がします。

じっさい、廃番になっていますが、100VのC5MVYよりも切断スピードが1,2倍あるそうです。

マキタ・ハイコーキ丸ノコはどちらがいいのか?

DIY用丸ノコ・プロ用丸ノコ

正直、どちらも甲乙つけがたいです。

わたしも、マキタの電動工具を使っていて、過去に不満を感じたことは一度もありません。

がっ!どうしても18Vの丸ノコを使ってるとパワー不足を感じてしまいます。

インパクトドライバやジグソーなど、ほとんどの工具は18Vで十分です。

インパクトドライバは18Vでもパワーがありすぎるくらいです。

繰り返しますが、丸ノコに限っては18Vでは少し物足りなく感じてしまいます。

いままでは、堅い木材を切るときに、100Vのコード式丸ノコを使っていましたが、やはり充電式を使ってしまうとコードが邪魔で仕方ありません。

問題は、やはりバッテリです。

マキタの18Vの電動工具を、たくさん持ってる私は、新たに36Vのバッテリを購入する事に嫌悪感があります。

やっぱりハイコーキのマルチバッテリは良いです。

これから、どっちを買おうか迷ってる方は、コスパを考えるとハイコーキの方が絶対にお得です!

タイプ 充電式
ノコ刃サイズ 147mm
最大切り込み 57mm
回転数 4500min¹
重さ 3.0kg
最安を探す C 3605DC(XP)

BSL36A188バッテリ1個

UC 18YDL(充電時間約25分)急速充電器

ケース

無線連動機能なし

amazon

yahooショッピング

集じん機対応のC3605DC(XPS)

マキタは、丸ノコ本体に無線連動を搭載したタイプと、そうでないタイプの2種類があります。

ハイコーキのマルチボルトバッテリはBluetooth機能を搭載したタイプを選ぶと本体に関係なく、無線連動機として使うことができます。

これから、集じん機を買う予定の方は、Bluetooth対応のバッテリが付いてるタイプを選びましょう。

少し高くなりますが、ハイコーキの丸ノコとスライド丸ノコを選ぶならBluetoothに対応したバッテリを選んでください。

C3605DCのスペック

それでは、C3605DCのスペックを一覧にしてます。

参考にしてください。

  • モータ 直流ブラシレスモータ
  • 最大切り込み深さ(90°/45°/逆5℃) 57㎜(90°)/38㎜(45°)/54㎜(逆5°)
  • ノコ刃 外径147㎜×穴径20㎜
  • 使用できるのこ刃 外径147㎜×穴径20㎜
  • 無負荷回転数 4,500min⁻¹〔回/分〕(パワーモード時) 2,500min⁻¹〔回/分〕(サイレントモード時)
  • 寸法〔全長×高さ×全幅〕 294×245×174㎜(BSL36A18装着時)
  • 無線連動機能 あり(Bluetoothによるコードレスクリーナとの無線連動機能)
  • 質量 3.0kg(BSL36A18装着時)
  • 使用可能蓄電池 マルチボルトタイプ蓄電池
  • LEDライト 白色LED
  • サイレントモード表示 青色LED
  • LEDライトモード表示 緑色LED
  • 無線連動モード表示 青色LED

C3605DC展開図

ハイコーキ コードレスマルノコ C3605DC

①カバー

②スイッチロック

③スイッチ

④ハンドル

⑤切り込み用レバー

⑥傾斜用ツマミ(後)

⑦保護カバー

⑧ボルト

⑨ワッシャ(B)

⑩ノコ刃(チップソー)

⑪ガイドピース

⑫ベース

⑬傾斜用ツマミ(前)

 

⑭モーター(内蔵)

⑮六角棒スパナ

⑯銘板

⑰リンク(切り込み深さ目盛り付)

⑱ロックカバー

⑲ガイド固定用ちょうボルト

⑳ストッパレバー

㉑ハウジング

まとめ

まとめです!

現段階では、フラグシップモデルの丸ノコに関してはマキタの方が上です。

一時は、丸ノコはハイコーキの方が良いと職人さんの間でもよく聞いていましたが、わたしが使った限りでは、明らかにマキタの36Vがパワーがあります。

しかし、この優位性もハイコーキのバージョンアップで逆転したかもしれません。

まだ、マイナーチェンジしたハイコーキの丸ノコを使ってないのでなんとも言えませんが…

その他の性能は、お互い付いている機能があったりなかったりで、甲乙つけがたいのですが36Vのバッテリを新たに購入してまでマキタが欲しいかというと、残念ですがハイコーキを選択することになります。

要は、バッテリの問題だけです。

マキタも対策を打ってほしいですね!

マキタ信者としては、残念な限りです。