マキタ マルチツール TM52D

皆さんこんにちはアトラスの日下(クサカ)です。

マルチツールって御存知ですか?

知らないって方もいらっしゃるかと思いますので簡単に御紹介したいと思います。

マルチツールとは1台で色々な作業ができる、電動工具となります。

ただ、その作業の前に用途にあった替刃に交換する必要があります。

今回は、マルチツールの使い方とどのマルチツールを選択すればよいかを解説いたします。

こちらを読んで頂ければ、マルチツールとはどのような物かを御理解いただけるかと思います。

マルチツールってどんな時に使うの?

マルチツールはどんな時につかうのでしょうか?

いくつか御紹介致します。

切断作業

集じん機接続専用型
引用:マキタ・ハイコーキおすすめ集じん丸ノコ

木材、金属色々な物が切断できます。

しかしながら切断をするなら丸ノコの方が早く綺麗に切断するすることができます。

研削作業

 

サンダーと鉋の違い
引用:初心者おすすめランダムサンダー

磨いて削る作業

こちらもサンダーを使用した方が綺麗に仕上がります。

剥離作業

ノリなどのベタベタを剥がす作業になります。

切断作業が一番向いているという意見があったのですが、私は剥離作業が一番向いていると思います。

ベタベタの接着剤の跡が簡単にとれます。

マルチツールは凄い!!

 

接着剤 はがし前

御覧のようにシートをはがすと接着剤がのこってしまいます。

これを手作業で剥がすと大変です。

そんな時にマルチツールが役立ちます。

接着剤 はがし後

マルチツールを使用すれば、簡単に剥がすことができるんです。

不器用な私でもびっくするくらい剥がれます。

マルチツールの使用方法

マルチツールの使用方法ですがいたって簡単です。

ダイノックシート剥がし方

刃をたてすぎると傷つける恐れがありますので軽く当てるような感じで剥がしていきましょう。

慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、マスターすれば剥がしが快感になります。

雑草などの除去

壁際の木の根をマルチツールで除去する

壁際に木の切り株です!

途中まではレシプロソーでカットしてます。

レシプロソーではスレスレのとこは切れないのが写真をみると分かってもらえると思います。

ここで、マルチツールの登場です。

このくらいの切り株だとDIY用マルチツールで切ると大変です。

18VのTM52だとガンガン切れます。

マルチツール 木の切断

どうですか?

この切れ味!

木は生きてるので、相当硬いのですが・・・そんなの関係なしです!

ガンガン切れます。

TM52DZで木を切り倒す!

時間にして約2分!

これくらいの木だったら簡単に切れます。

次に、雑草を退治します。

雑草の名前が分からないのですが、けっこう茎がでかくてトゲトゲがたくさんついてる嫌な奴です。

手袋をしてもとげが刺さります。

こいつをマルチツールで撃退します。

その、動画です!ご覧ください。

 

マキタマルチツールの良さ

なんといってもバッテリの互換性があげられます。

ボルト数が合っていれば他の電動工具でもバッテリが使用できますよ!

替刃も豊富にあり、電動工具に不慣れな方でも簡単に扱えます。

これがあれば自宅での日曜大工の幅が広がります。

初心者おすすめ DIYで使えるマルチツール10選(ハイコーキ・マキタ・BOSCH)など

充電式か電源式か

マルチツールにも充電式と電源式があります。

どちらがいいのでしょうか?

充電式

充電をしっかりしていればどこでも作業が可能です。

しかしながら充電が切れると作業ができなくなります。

屋外での作業では複数のバッテリを用意したほうが良いかもしれません。

電源式

充電を気にせずに作業ができるのが最大のメリットです。

充電式に比べると値段が安い。

コンセントがないと作業ができません。

マルチツールを使って思った事

先程、様々な作業で使えると言いましたが、専門の電動工具には勝てない部分もあります。

研削作業においてはグラインダーの方がはるかにやりやすいです。

マルチツールは広く浅く作業をされる方には向いております。

しかしながら、研削作業などに絞ってしまうには不向きだと感じました。

あっ!剥離作業にはかなり向いてますよ。

TM52D仕様

電動機:DCブラシレスモータ

バッテリー:リチウムイオンバッテリ BL1860B(容量6.0Ah)

電圧:直流18V

振動数:10,000~20,000min⁻¹(回/分)

振動角度:左右1.8°(計3.6°)

本製品寸法:長さ322㎜×幅95㎜×高さ126㎜

質量:1.9kg

充電器:DC18RF

入力電圧:単相交流100V

入力周波数:50/60Hz

入力容量:330W

バッテリ充電端子:出力電圧 直流14.4~18V 出力電流 直流12A

USB電源端子:出力電圧 直流5.0V 出力電流 直流2.1A 端子形状 USB A型

TM52D展開図

TM52D 展開図

①スライドスイッチ

②振動数調整ダイヤル

③バッテリ

TM52D コメント入り展開図

④ライト

※スイッチを入れるとライトが自動点灯しますので、薄暗い場所でも作業は比較的やりやすいです。

⑤フランジ

 

 

 

TM52D動画

今回、御紹介したマルチツールを詳しく紹介している動画がありました。

 

替刃はどのような物を選べば良い?

色々な作業ができるマルチツールですが、作業ごとに刃の交換が必要です。

色々な作業をこなせるマルチツールだけあって様々な刃があります。

一部ご紹介致します。

50点セットとなっておりますのでお手頃だと思います。

様々な作業が一気に可能となりますので、ひとつひとつ購入するよりは楽ですね。

初心者むけ、おすすめマルチツールの替え刃スターロック・OIS

切断

 

木材を切断する際に使用します。

替刃を交換すれば鉄板も切断可能です。

研磨

木材の研磨等に使用します。

手作業では時間がかかってしまいますので研磨の際にはこちらを使用すれば作業効率があがります。

剥離

接着剤等の剥離をする際に使用します。

今回は券売機のダイノックシートの接着剤の残りを剥離するのに使用しましたが、カーペット等の裏で硬化した接着剤もとれますよ!

他のマルチツールは?

他のマルチツールはどうなのでしょうか?

見てみたいと思います。

マキタNTM001

 

AC電源式のマルチツールです。

電源式ですのでパワーが落ちる心配はありません。

連続作業をされる方にはオススメできます。

DIY用でもプロ用でもいけます。

マキタTM30DZ

小型で軽量です。(バッテリも含めて1.0kg)

フル充電での連続作業は約12分となってます。

※バッテリの状況により前後します。

10.8VとDIY向けマルチツールだと感じます。

充電時間も22分と早く、ファンで冷却し充電を行います。

ハイコーキ マルチツール CV12DA

18V製品より32㎜全長が短く900g軽いので、作業時の疲れが軽減されます。

振動数が1~6段階に調整ができますので、状況に合わせる事が可能です。

LEDライトも搭載されておりますので、少々薄暗い場所でも作業は可能になってます。

集塵機も接続可能になっているのが特徴にあげられます。

※別売りの集塵アダプタセットが必要です

ハイコーキ マルチツール CV18DBL

オートモード搭載となっております。

作業の負荷に応じて、振動数が15,000min⁻¹と20,000⁻¹に自動で切り替わります。

全長が307㎜(バッテリ装着時)とクラス最短のコンパクトサイズとなっております。

レバーか固いという意見がありましたが、不便という訳ではありません。

ハイコーキ マルチツール CV350V

37種類の先端の替刃があります。

マキタのマルチツールと同様に様々な場面で活躍できます。

用途に応じて通常モードとオートモードの切り替えが可能になっております。

こちらは100Vの電源式となっておりますので、電源がしっかりとれる場所での使用をオススメいたします。

ボッシュ マルチツール GMF18V-28H

 

受電式18Vとなっております。

重さも1.2kgと比較的軽いです。

3D形状を採用したスターロックシステムは、ワンタッチ着脱も実現しました。

取り付けはブレードを押し込むだけ、取り外しは大型SDSレバーを開くだけです。

LEDライトも搭載しておりますので暗い場所での作業もOKです。

ボッシュ マルチツール GMF10.8V-28H

 

10.8V仕様のマルチツールです。

ボッシュのマルチツールの中で最もコンパクトなモデルです。

本体のみ(バッテリ無し)の重さが910gと女性でも重さを感じない仕様になってます。

まとめ

マルチツールについて御説明しましたが、いかがでしたか?

色々な場面で活躍するマルチツールは初心者の方でもお気軽に使える電動工具です。

個人的な主観ですが、特にマルチツールは剥離作業に適していると感じてしまいました。

シールはがしで今回使用しましたが、驚きの早さでベタベタが取れたのは事実です。

今後更に様々な用途で使用していき、これはと思ったらホームページは更新します。

1台御家庭にあればDIYの幅が広がりますので、検討してみてください。