マキタ ファン CF203D

皆さんこんにちは。

アトラスの日下です。

マキタの扇風機(ファン)ってご存じですか?

私は初めて今回、御紹介する扇風機を見た時に、小さすぎて扇風機として機能するのかと感じました。

ところがです!!実際に使ってみてさすがマキタと感動しましたので今回レビューをします。

こちらのファン3段階の風の調整の内の弱でも風量は中々あります。

首振り機能もついておりますので、職人さん達の休憩時間にも重宝しますよ。

バッテリーとACアダプター両方使えますので屋外でも屋内でも気軽に使えるのが最大のポイントです。

こちらを読んでいただければ良いポイント、少し残念なポイントが分かります。

またどんな場所で使いやすいかもまとめておりますので御一読ください。

CF203Dの良いポイント

マキタ  ファン CF203D

 

かなり小柄で持ち運びに便利なのがポイントですね。

持ち運びに便利なハンドルがついている事もマキタの配慮が伺えます。

首振りやタイマー、風量調整等の一通りの機能はついておりますので、色々な場所で活躍が期待できます。

操作もシンプルで楽々です。

一度、電源を切った場合は前回と同じモードでスタートするので風量の切り替えが必要ありません。

バッテリでもACアダプタでも使用できますので、かなり便利ですよ。

また、バッテリをつけたままでもACアダプターでの運転が可能です。

その際はACアダプターが優先されます。

充電は行いませんので、そこだけ注意をお願い致します。

強モードの消費電力は15Wと消費電力が小さく、省エネ仕様です。

水に濡れると壊れる通電箇所や部品がないので、そのまま丸洗いすることもできますよ!

CF203Dちょっと残念なポイント

マキタTD022のデメリットは?

静かな所や、フローリングの場所で使用すると僅かながら音が響く感じがしました。

就寝時には音に敏感な方には少し不向きです。

清掃の時にカバーケースを外しますが、少し固い気がしました。

真夏の熱い車内の空気を飛ばすには風量が強モードでも弱い。

清掃後にカバーを取り付ける時もボタンを押しながら回す必要がありました。

そのまま素直に取り付けることが可能であればもっと便利だと感じました。

どんな時に使うの?

こちらのCF203は現場やレジャー等で大活躍致します。

特に夏場の暑い時期にはあって損はないかと思います。

現場で

  • 夏場の暑い倉庫で作業される時には便利です。
  • ACコンセントがないところで扇風機が使えます。

レジャーや御自宅で

  • 夏にバーベキューをやる時に使用
  • テントの朝露を軽く吹き飛ばす時に使用
  • 庭の草むしりの時に使用

他にもこんな場所で

  • 電源が確保できない場所での送風
  • ワックスやペンキの塗った箇所の乾燥スピードのアップ
  • ガレージで塗装作業をする際の換気に使用
  • 梅雨の時の室内干しの際に使用(風を当てるだけで早く乾きます)

CF203Dについて詳しく紹介しておりました動画を御紹介致します。

マキタの他のファンも紹介します。

充電式ファン マキタ CF001GZ

 

40V対応のモデルです。

ブルーとホワイトの2色にて販売中です。

勿論充電式で取り回しには便利なファンだと思います。

パワーがあるので音がうるさいのではと思いましたが静かな可動音です。

アダプタもついておりますので電源のある場所では電気でもOK!!

マキタ CF202DZ

続いてマキタの18Vのファンの紹介です。

こちらはCF203Dと同時期に発売されたファンです。

CF203とは異なり10.8V仕様となります。

連続使用がフル充電を行い、強モードで約65分、中モードで約110分、弱モードで約190分

長時間使用するならCF203がオススメです。

マキタ CF102DZ

14.4V、18V仕様のファンです。

機能も大きさもCF203と大きな違いはありません。

ただひとつフックがない所持ち運びの際に僅かながら不便さを感じました。

重くはありませんが、この部分を改善したのがCF203だと思います。

マキタ CF101DZ

こちらは10.8V仕様となります。

寸法はCF102と変わりません。

使用時間がCF102と大きく異なります。

マキタ CF100DZ

10.8V仕様のファンです。

非常にコンパクトな仕上がりになってますよ。

様々な場所に簡単に設置できます。

マキタ CF201DZ

14.4Vと18Vバッテリが使えるファンです。

風量調整が強と標準の2種類しかありません。

CF203と比べると見劣りしてしまいます。

マキタ CF002GZ

40V仕様のファンになります。

パワーもありますので夏の現場やキャンプで使用される事をオススメします。

羽の径が330㎜と大型ファンですね。

マキタ CF301D

14.4V、18.8兼用のファンとなります。

こちらもキャリアハンドルがついておりますので、安定した持ち運びが可能です。

羽の径が330㎜と大型ですが、音は静かです。

他メーカーのファンも紹介です。

マキタ以外にも扇風機を作っているメーカさんはあるので御紹介いたします。

ハイコーキ ファン UF18DSDL

マキタの好敵手であるハイコーキーもファンを販売してます。

バッテリを除いた質量が900gと軽量なファンになっております。

ボトムハンドルや壁掛けフックで吊り下げたり、壁にかけて使用可能です。

マキタ製品と大きく異なる点は風速の切り替えが強と、弱の2段階しかないという事です。

ハイコーキもマキタのように色々なファンを出してほしいです。

どのファンを選べばよいの?

どれも同じに見えてしまうかもしれませんが、実はそれぞれに特色があります。

持ち運びながら作業用として使用する場合は、私的にはCF203Dをオススメします。

旧モデルのCF201DZと違い、小スペースで首振り機能が使えるのも好感が持てます。

工具レスでカバーを着脱することが可能で、羽根とカバーに付いた埃の清掃が簡単にできます。

今後、更に色々な面でグレートアップしたファンが出てる事が予想されますが、現状はこちらが一番便利なファンだと思います。

CF203D主要機能

  • モーター: 直流マグネットモータ
  • 運転スイッチ: 3段階(弱/中/強)
  • 最大風速(m/min): 190(1m離れた地点)
  • オフタイマー(h): 1/2/4
  • 首振り機能(°):左右45°(手動で可動する範囲を超えて動かすことはできません。)
  • バッテリ電圧(V):14.4/18
  • 使用可能バッテリ(別販売品):BL1415N(容量1.5Ah) BL1430(容量3.0Ah) BL1430B(容量3.0Ah)  BL1440(容量4.0Ah) BL1450(容量5.0Ah) BL1460B(容量6.0Ah) BL1815N(容量1.5Ah)    BL1820B(容量2.0Ah) BL1830(容量3.0Ah) BL1830B(容量3.0Ah) BL1840(容量4.0Ah)       BL1850(容量5.0Ah) BL1850B(容量5.0Ah) BL1860B(容量6.0Ah)
  • バッテリ使用時の連続使用時間目安:(BL1860B装着時)(強 約430分) (中 約700分) (弱 1,155分)
  • 本製品寸法(㎜)(長さ×幅×高さ):140×333×447
  • 質量(kg)(バッテリ除く):1.9

CF203展開図

 

マキタ ファン CF203D

 

①ハンドル

②ファン

③バッテリ装着部

※バッテリは別売りです。

 

マキタ ファン CF203D

④首振りボタン

⑤風速ボタン

⑥風速表示ランプ

⑦電源ボタン

⓼タイマー表示ランプ

⑨タイマーボタン

まとめ

風力に関してCF203Dこれで充分でした。

基本的に弱モードの仕様で風は届くのでおひとりでの現場作業でしたらこれ1台で大満足です。

弱モードで約19時間半の連続運転が可能ですので、電源の確保が難しい場所や、キャンプ、災害発生時において大活躍します。

充電式ファンで必要なのは風量と連続運転ですので私はこちらのCF203Dをオススメ致します。

皆様にもこの軽量で使いかっての良さを実感ほしいと思い今回、こちらのレビューを作成致しました。