マキタディスクグラインダー
日下くん日下くん

社長っ!こんかいは、砥石サイズ100mmのディスクグラインダーを取り上げたいと思います。

親方の甲斐田社長親方の甲斐田社長

グラインダーは、うちの会社でも、けっこうな頻度で使うからね!

日下くん日下くん

ですよねっ!うちは飲食店から引き取った設備をきれいにするときグラインダーを使います!

これがないと、話にならないんですよね!

錆を落とすんだったら、グラインダーに限ります!

親方の甲斐田社長親方の甲斐田社長

グラインダーは、錆びを落とすだけじゃないんだよ!

金属を切ったり、表面を磨きあげることもできるんだ。

ところで、日下はサンダーとグラインダーの違いってわかる?

日下くん日下くん

えっ?グラインダーとサンダーっていっしょじゃないんですか?

呼び方が違うだけで同じもんだと思ってましたが・・・・・(汗)

親方の甲斐田社長親方の甲斐田社長

おっ!また、そんなこといってるな?

お前、うちに入社して何年だ?

日下くん日下くん

にっ、二年になります。

ですが、よくグラインダーのことをサンダーって言ってる人いませんか?

親方の甲斐田社長親方の甲斐田社長

サンダーは紙やすりを使って研磨する工具

グラインダーは砥石を使って研磨や切断をする工具だっ!

おまえっ!工具担当なのに、まだそんなこといってるのか?(一一”)

罰だっ!こんかいも、しっかり勉強してグラインダーについて書け!

  • グラインダーの用途
  • 砥石の種類

あわせて、おすすめのグラインダーを10個紹介しろっ!

親方の甲斐田社長親方の甲斐田社長

あっ!そうそう・・・

おまえ、それからこの前、切断用の砥石で研磨してだろう?

砥石の用途も、全然わかっとらんな?

休みなしだ!とっとと書け!

日下くん日下くん

オ・・ニ・・・( ;∀;)

親方の甲斐田社長親方の甲斐田社長

なんかいったか?

日下くん日下くん

とっ、とんでもございません。

よろこんで、書かせていただきます!

ディスクグラインダとは?

ディスクグラインダーおすすめ

グラインダーとは砥石を使用して研削をする電動工具です。

砥石が円盤状のディスクになっている物がディスクグラインダーです。

主に木材・金属・石材などを研磨、切断ができる電動工具となってます。

グラインダーの名がつくように持ち味と本領を発揮するのは、研削砥石をつけたときです。

金属の錆や塗装をドンドン削り落とすことのできる便利な道具です。

京セラの卓上式グラインダー両頭タイプ
(卓上グラインダーは、固定できない小さな素材を研磨するときに使う)

グラインダーは、

  • 固定式の卓上グラインダー
  • 手持ち式のディスクグラインダー
  • ベルトグラインダー

以上が一般的です。

どのタイプも磨き・研磨・面取りで使うことができますが、ディスクグラインダーの特徴は、本体をもって作業ができることです。

コンパクトなタイプとなるので幅広い作業をこなすことができます。

ディスクグラインダーは危険度№1の電動工具!

ディスクグラインダーは非常に危険度の高い電動工具です。

  • 使用用途
  • 機種の特性
  • 用途にあった砥石の選定

以上を理解して使わないと大きな事故につながります。

また、鋭い刃で金属などをカットするのでキックバック現象があります。

日下くん日下くん

ディスクグラインダーもキックバックってあるんですね・・・・( ;∀;)

親方の甲斐田社長親方の甲斐田社長

あるよっ!キックバックもそうだけど・・・

グラインダーで一番多いのは、本体が振られることなんだよ!

ほらっ!うちは、複雑な設備を磨くだろう?

そんなときに、砥石が突起物にあたるとグラインダーがはじかれる現象だ!

日下も、何回か経験したことあるだろう?

日下くん日下くん

いえっ!アッシは、複雑な形をした磨きはやったことがありません。

いつも、むずかしい形の磨きは社長にやってもらってるんで・・・・(汗)

親方の甲斐田社長親方の甲斐田社長

そうだね、慣れないうちは平らなものを磨いてる方が無難だね!

グラインダーのキックバックで、ちょうどいい動画があった。

上の動画を参考にしてくれっ!

サンダーとの違い

マキタディスクグラインダー
(写真:1グラインダーは砥石を使ってるので錆が酷い金属の研磨に向いている。)

用途が似てるサンダーと、どこが違うのでしょうか?

サンダーはサンドペーパーを電気の力で動かすことによって研磨が行える電動工具です。

サンダーも「塗装はがし、サビ落とし」で使うことができます。

用途は、ほとんど一緒ですが時間効率を考えるとディスクグラインダー>サンダーとなります。

一方、グラインダーはディスクをピッタリ研磨する材に付けることができないので、写真1のような粗研磨が向いています。

グラインダーはサンダーでは、できない切断ができる電動工具です。

つまりサンダーは、仕上の研磨は得意ですがグラインダーと違い切断をすることができません。

サンダーとグラインダーの違い、わかっていただけたでしょうか?

ディスクグラインダーorサンダーどっちを使うのか?

日下くん日下くん

社長!質問です。

ディスクグラインダーとサンダーどちらも研磨に使う道具ですよね?

それでしたら、木工で使うんだったらグラインダーを1台もってるとサンダーっていらなくないですか?

親方の甲斐田社長親方の甲斐田社長

おっ!いい質問だね!

実を言うとグラインダーは、木工作業には向いてないんだ。

木工でつかうとしたら、ニスや塗装を一気に落としたりするときに使うくらいだ。

そんなに使うことって、あまりないんだよ。

木工の仕上には向いてないんだよ!

仕上で使うのであれば、サンダーを使った方がいい。

「粗作業はグラインダー・仕上げはサンダー」といった具合に使い分けた方がいい。

日下くん日下くん

なるほど・・・・

グラインダーは木工作業でも使えますが、表面がキレイな仕上がりになりません。

凹凸がでやすく、サンダーよりも危険度が高いので木工で使いたい方はサンダーがおすすめです。

グラインダーは、初心者の方が使うと意外とむずかしいかもしれません。

別ページでサンダーを詳しく解説してます。

あわせて読んでください

初心者におすすめのサンダー5選 木工用で必ず使う4つのタイプを紹介! 

研磨・さび落とし・切断で使う砥石の種類!

砥石の種類 砥石の説明
切断砥石

用途:鉄・アルミなどの金属を切断するときに使う

特徴1:薄い円盤状の砥石で円盤の側面を使って材料をきる。

特徴2:一般的に刃が薄い物ほど切断面はきれいになる。

特徴3:研磨は不可

ダイヤモンドカッター

用途:コンクリート・ブロック・タイルなどの石材を切断する

特徴1:ダイヤモンドカッターを使うことで堅い材料を細かく削りながら切断する

特徴2:鉄などの金属はカットすることができない

特徴3:セグメント・リム・ウエーブ・溝入れ方などがある

研磨ディスク・研削砥石

用途:木材・金属などを研磨・さび落とし・塗装剥がしなどに使うことができます

特徴1:木材・鉄・石材などの用途別でディスクが販売されているので目的にあわせて使ってください

上の表に大まかな使用用途と種類を分類しました。

ディスクグラインダーは、研磨と研削の他に切断ができる電動工具です。

研磨・研削は研磨用砥石の平らな部分を使って全体を削っていきます。

切断用砥石は、薄い円盤の先端をつかって金属やステンレスを切ることになります。

用途はもちろん、使い方と取り付け方も違うので必ず覚えてください。

先端工具の取り付け方は、取り扱い説明書に必ず掲載してるのでよく読んでください。

また、鉄鋼用のディスクは大変種類も多く長くなるので下の動画を見てください。

大変参考になる動画です。

グラインダーの砥石のサイズ

グラインダーの砥石サイズは100mm~180mmが一般的です。

砥石の外径が合わないと使うことができません。

目的の作業に応じたサイズを選択してください。

砥石のサイズが大きいと、いちどに広範囲の研磨や切断ができるメリットがあります。

デメリットは、本体の重量が少し重くなることです。

初心者の方は、軽くて扱いやすい100mmのディスクグラインダーがおすすめです。

砥石には色々なサイズがあるので、下の表で対応のサイズを確認しよう!

100mmのディスクグラインダー 100mm~105mmの砥石
125mmのディスクグラインダー 125mmの砥石
150mmのディスクグラインダー 150mm~154mmの砥石
180mmのディスクグラインダー 180mmの砥石

ディスクグラインダーを使う前に!

選ぶポイントをご紹介する前に、注意点を一つだけお伝えいたします。

冒頭で申し上げましたが、グラインダーは危険度が非常に高い電動工具です。

予算が許す限り安全面にこだわってください。

安価なタイプ(DIY用)は、安全機能が付いてません。

初心者にこそ、安全機能が充実してるタイプをおすすめしたいのですが、高額なタイプばかりです。

しかし、高額なグラインダーは予算的に厳しいといった方も多いと思います。

そんな方は、グラインダーの取り扱い方を、しっかり勉強して怪我がないようにしてください。

安全第一です!

さいきんは、youtubeでグラインダーの使い方などを詳しく解説してくれてる親切な方もいます。

わたしが、勉強になるな~と思う動画を2番組紹介します。

グラインダーを使う前に必ず視聴してくださいね!

社長・部長のyoutubeから

グラインダーのキックバックや安全面について詳しく解説してくれてます。

非常に分かりやすい動画です。

社長・部長のyoutubeから

同じく、社長・部長のyoutubeから使用上の注意点と砥石の用途まで詳しく解説してくれてます。
このブログを書いてる途中に見たのですが、この動画をみてるといまから書くことがなくなりました。(笑)

わかりやすく内容も素晴らしいです。

グラインダーを選ぶポイント

石油ストーブを選ぶポイント
POINT・ポイント

これから、ディスクグラインダーを選ぶポイントを5つ、まとめます。

価格を重視したい方は、用途にあったタイプを選ばないと「モーターが壊れたり・金属が切断できない」などの目的に合わないグラインダーを買って後悔することになります。

まず、長時間つかいたい方は、ワット数が高いタイプを選んでください。

ワット数が低いと本体が熱くなったり、使ってる途中にグラインダーが止まることがあります。

無理をした使い方をすると、最悪モーターが焼けてしまうので、色々な作業がしたい方は、ワット数が高いタイプを選びます。

コード式は800W前後あるタイプであれば問題ありません。

充電式は、電圧が高い物ほど負荷のかかる作業ができます。

18V以上であれば、十分使えます。

ここから5ポイント解説します。

まずは、回転数とトルクについて!

1:回転数とトルク

マキタ グラインダー 9533B 高速タイプ
出典:Amazon
  • 高速回転型

回転数が高いタイプは、一般的に金属などの研磨・切断に適してます。

10000回転以上が高速タイプ・10000以下が低速高トルクタイプとなります。

高速回転型は、あら研磨に向いてます。

また、金属の切断でディスクグラインダーを使いたい方は、高速回転型のタイプを選んでください。

デメリットは、刃の回転が速いので慣れが必要です。

また、石材の切断には向いていません。

ボッシュ ディスクグラインダー 低速高トルク型
出典:Amazon 
  • 低速高トルク

低速高トルク型のディスクグラインダーは、「さび落としや塗装はがし」に向いてるタイプです。

石材の切断を考えてる方は、低速高トルク型を選びます。

回転は、高速型に劣るのですが馬力があるのが特徴です。

負荷がかかる作業は、低速高トルクタイプを使ってください。

高速型のディスクグラインダーはトルクが弱いので負荷のかかる作業は不向きとなります。

また、初心者の方は回転数が遅いタイプの方が失敗が少なく扱いやすいです。

ボッシュ 無段変速型
出典:Amazon
  • 無段変速

無段変速のディスクグラインダーは、研磨・研削・切断・塗装剥がしなど、用途に合った回転数をダイヤルで選ぶことができます。

オールマイティーに使えるタイプなので、幅広い用途で使いたい方は無段変速型を選んでください。

デメリットは、値段が高額なとこです。

2:安全面

ハイコーキディスクグラインダー
引用:ハイコーキ (細身タイプのグラインダー)

プロ用のディスクグラインダーは安全機能が充実したタイプが多数販売されてます。

  • 負荷が掛かりすぎたときにディスクが緊急停止する反動低減機能
  • スイッチを離せばディスクが止まるパドルスイッチ
  • ディスクが回転するときに、ゆっくり回りだすソフトスタート
  • 電源を入れてもディスクが突然まわり始めない再起動防止機能

などが搭載されてます。

ざんねんながら、DIY用のディスクグラインダーは安全機能が付いてません。

安全面はいちばんこだわって欲しいとこですが、「予算的に厳しい!(ToT)/~~~」という方もいると思います。

そんな方は、グリップとグラインダーの胴回りにこだわってください。

ディスクグラインダーは、胴回りが大きすぎるとすっぽ抜けそうになることが、たまにあります。

スリムボディのグラインダーは、力が入りやすく握りやすいです。

手が小さい方、初心者の方はボディ周りのサイズもこだわってください。

グリップ

グリップが持ちやすいディスクグラインダー
出典:Amzon

上の写真はグリップ部分に樹脂の滑り止めが付いています。※右手部分です。

安価なタイプでもグリップ部分に滑り止めが付いてると、キックバックがあったとき踏ん張りがききます。

また、グリップがあると本体の胴回りが大きくても、しっかり手に持つことができるので安全に作業ができます。

わたしは、手が小さいのでグリップに滑り止めが付いてると、すっぽ抜け感がなくなるので、このタイプを選んでます。

補助ハンドルとグリップに滑り止めが付いてるタイプは、作業しやすく安全面でもおすすめです。

同一メーカーでも機種によって持った感覚が全然違う!

 

アイリスオーヤマ グラインダー
出典:Amazon

グラインダーは、「持ちやすさ」が大事な要素となる電動工具です。

機種によって「グリップの細さ・滑り止め有り無し」で持った感覚が全然違います。

滅多なことで無いと思いますが、手のサイズにあってないとキックバックのときにすっぽ抜けそうになりす。

グリップ部分が細くなってると安定感があって、思わぬ動きをしたときギュッと握ることができるのはグリップ部分が細くなってるタイプです。

グリップ部分が細い、細身タイプがDIY用でも販売されてるので、購入の候補として考えてみてはいかがでしょうか?

凄く作業がしやすいですよ!

補助ハンドル

マキタ ディスクグラインダー

補助ハンドルが付いてないタイプがあるので、初心者の方は補助ハンドル付きのタイプを選んでください。

ディスクグラインダーに慣れると、補助ハンドルが邪魔になるときがありますが取り外せばいいんです!

補助ハンドルがあるとディスクグラインダーが横ブレしても、けっこう踏ん張ることができます。

ほとんどのグラインダーで、付属品として付いてますが・・・

たまに補助ハンドルが付いてないグラインダーがあるので選ぶときは、注意してみてください。

3:使い勝手の良さで選ぶ!おすすめはのサイズは100mmタイプ

ディスクグラインダー100mmの砥石

長時間の作業を想定してる方は、本体の「サイズ・重量」にこだわってください。

バッテリー式のディスクグラインダーは、重くなる傾向にあります。

砥石のサイズが大きくなるとディスクグラインダーの重さもアップします。

初心者の方は、砥石サイズは100mm・2,5kg以下のタイプが扱いやすいと思います。

125mmのバッテリ式となると3kgを超えるタイプがあります。

3kgを超えるとズッシリと重く感じます。

4:スイッチの種類は3タイプ

スイッチは3種類に分るされています。

それぞれのメリット紹介します。

パドルスイッチ

マキタ パドルスイッチグラインダー
出典:Amazon

安全面を最優先したスイッチです。

なにかの拍子に、グラインダーから手が離れたときパドルスイッチは、自動で止まるようになってます。

また、パドルスイッチを採用したタイプは高性能高機能タイプとなるのでお値段が高くなります。

パドルスイッチを、ずっと握ったままだと疲れるという方も少なからずいます。

慣れの問題だと思いますが、連続作業が多い方はスライドスイッチの方がいいかもしれません。

スライドスイッチ

ボッシュ グラインダー スライドスイッチ
出典:Amazon

スライドスイッチは、作業中にスイッチを直ぐにオンオフできる位置にあります。

このタイプは、スイッチの場所によって使い勝手が変わるんで、実機を使う機会があったらスイッチの入り切りを試してください。

補助ハンドルから手を離すことなく親指でスイッチが簡単に切れると、使い勝手がいいです。

因みに、ボッシュのグラインダーは、スイッチが絶妙な位置にあります。

スライドスイッチの操作性はマキタやハイコーキより上です。

ボッシュ・スライドスイッチ式のグラインダーが良く売れてるのは、スイッチの操作性が良いのが要因の一つです。

安全面に関しては、パドルスイッチよりも若干劣ります。

レバースイッチ

レバースイッチは本体のお尻の部分についてるタイプです。

慣れないとスイッチの位置が分かりにくく、電源を切るとき本体を傾けて探すことが

よくありました。(笑)

砥石が高速で回転してるので、長時間使った後に片手を離してスイッチを切ろうとすると、振動で手から離してしまいそうになります。(汗)

握力がなくなってるんですね!

レバースイッチを採用してるタイプは、再起動防止機能が付ついてないことが、ほとんどです。

グラインダーが新品に近い状態のときは良いのですが、古くなったり、本体がよごれるとON/OFFの文字が見えにくくなります。

ONのまま誤って、電源をいれると突然グラインダーが動き出すので注意が必要です。

ただ、このタイプはパドルスイッチみたいにパドル部分を握り続ける必要がないので、ちょっとした角度を変えるとき煩わしくありません。

5:充電式かコード式か?

ディスクグラインダーは、作業内容にもよりますが電池の消耗が速い工具です。

酷い錆などを落としてると、アッという間にバッテリーがなくなってしまいます。

長時間使うのであれば、コード式!移動が多い作業で使う場合は充電式がおすすめです。

どちらを選ぶかは、一概にいえないので、それぞれのメリット・デメリットを掲載します。

充電式のメリット

  • 電源コードがないので、どんな場所でも使える
  • コードを気にしながら作業しなくていい
  • 安全性能が高い機種が多い
  • 防水・防じん機能など機能が充実したタイプが多い

充電式のデメリット

  • 電池の消耗が速いので、バッテリーを複数用意する必要がある
  • バッテリーを搭載するので重量がコード式に比べると重い
  • 価格が高額

AC100Vのコード式メリット

  • 電池切れの心配がない
  • 重量が軽い
  • バッテリーの共有性がないのでメーカーに縛られない
  • 砥石のサイズ180mmなどパワーが必要なタイプが選べる

AC100Vコード式のデメリット

ドラム式コード

コード式のデメリットは電源がある場所でしか使えないことです。

研磨は非常に粉じんが出る作業なので、屋内で使うと埃だらけになってしまいます。

わたしの会社では、以前コード式のディスクグラインダーを使ってましたが屋内で使うことは、ほとんどありませんでした。

倉庫の入り口などで錆を落としてると風向きによって粉じんが全部倉庫内に入ってしまいます。

倉庫に粉じんが入らないようにドラム式の延長コードを使ってましたが、準備と撤収が非常にめんどくさいです。

やっぱり、使用時間が短くても充電式がいいです。

初心者おすすめのグラインダー

初心者におすすめのグラインダーを紹介します。

価格帯もお求めやすいタイプを3機種ピックアップします。

初心者の方は、長時間作業することも少ないと思うので

  • 低トルクタイプ
  • コード式
  • 砥石のサイズは100mmが使えるタイプ

以上のタイプを選ぶと価格を抑えることができます。

また、100Vのタイプは消費電力を必ず確認してください。

ワット数が500前後のディスクグラインダーは、金属切断・長時間作業に適していません。

金属などの切断を考えてる方は、ワット数が800以上あるタイプを選んでください。

高儀  変速ディスクグラインダー 100mm DGR-110SC

出典:Amazon

高儀のディスクグラインダーDGR-110SCを紹介します。

このタイプは、お値段もリーズナブルで一度もグラインダーを使ったことがない人におすすめです。

低価格ですが、回転数を調整することができます。

また、グリップ部分も握りやすく負荷がかかったときしっかりと本体を握ることが出来るのでキックバックがあったとき踏ん張りがききます。

グラインダーを使い慣れてない方は低速で使うことができるので、木工の表面仕上げなどで使うことをおすすめします。

ワット数が500Wと低いので、長時間の連続作業・分厚い金属の切断に使うとモーターが停止したり焼け付くことがあります。

用途にあった使い方をしてください。

回転数 5,500~11,000min¹
最大出力 500W
砥石サイズ 100mm
重量 1,7kg
Amazon参考価格 5,590円

高儀 DGR-110SCの最安を探す

BOSCH(ボッシュ) ディスクグラインダー PWS620-100

PWS620-100
出典:Amazon

BOSCHのDIY用ディスクグラインダー PWS620-100を紹介します。

非常に評判のいいディスクグラインダーです。

ネット通販でベストセラー商品となってます。

手に伝わる振動も抑えられていて、作業中に手がしびれたり、本体のブレが少ないので狙った場所をピンポイントで研磨することができます。

クルマのホイール磨きや錆落としにも使えます。

もちろん、金属や木材の「研磨」で十分使えるグラインダーです。

切断に関しては、全ネジなどの負荷が少ない場合は大丈夫です。

厚めの鉄板などで使うと、パワー不足のため不向きとなります。

BOSCHは、世界的に信用がある工具メーカーなので、安価なタイプをお求めの方は候補の一つとして考えてみてください。

故障や初期不良が少ないメーカーです。

この価格で、収納バックが付いてるのもポイントが高いです。

回転数 5,500~11,000min¹
最大出力 620W
砥石サイズ 100mm
重量 1,6kg
Amazon参考価格 税込4,882円

BOSCHのDIY用ディスクグラインダー PWS620-100の最安を探す

SK11 ディスクグラインダー 700W SDG-700AC

ディスクグラインダーSDG-700AC
出典:Amazon

藤原産業のディスクグラインダーSDG-700ACを紹介します。

このタイプは、ワット数が3つあります。

いちばん、ワット数の低いタイプなので金属の切断などには、不向きです。

木工の削り・磨きに使うのであれば十分に使えます。

色んな用途で使いたい方は、変速機能付きのタイプを選んでください。 

また、モーターの耐久性が低いので本体を押さえつけて作業をするとモータが停止したり焼けてしまうことがあります。

長時間作業も不向きのグラインダーです。

どちらかと言えば、ちょっとした作業で使いたい方におすすめのタイプとなります。

長時間作業をする方は、同じメーカーの

以上2機種を選んでください。

回転数 9500min¹
最大出力 700W
砥石サイズ 100mm
重量 2,3kg
Amazon参考価格 税込3,517円

パワー重視のコード式ディスクグラインダー

コード式のディスクグラインダーは、電池切れの心配がなく長時間作業に適しています。

ワット数が大きければ色んな作業に使うことができます。

有名メ―カ―の商品でも10,000円以下で買えるので、初心者の方でもこのタイプがおすすめです。

ある意味、いちばん狙い目かもしれません。

コード式欠点は、場所の制限があるので利便性はありません

が、高耐久で作業効率が高いタイプが多く、お値段が安いので中級者・上級者の方に支持されてるディスクグラインダーです。

マキタ GA4041C 100mm

GA4041C
出典:Amazon

マキタの電子ディスクグラインダーGA4041C

コード式のディスクグラインダーとしては、お値段が少し高くなりますが、機能面は充実しています。

砥石100mmのグラインダーの中では、パワーはトップクラス!

  • ダイヤル変速=無段変速
  • 再起動防止
  • 定回転制御
  • ソフトスタート
  • キックバック軽減

など安全面にこだわりたい方は、おすすめのタイプとなります。

コード式は、充電式に比べると機能面で劣りますが、GA4041Cは充電式に負けないくらいの安全性能が搭載されています。

デメリットは、100mmのコード式にしては、本体が重いことです。

軽作業で使うより、負荷のかかる作業で使うと機械の能力を発揮できます。

お仕事で、グラインダーを使うプロの方におすすめのタイプとなります。

回転数 2,800~10,500min¹
最大出力 1,800W
砥石サイズ 100mm
重量 2,4kg
Amazon参考価格 23,600円

マキタ GA4041Cの最安を探す

ハイコーキ G10SL6 100m

ハイコーキ ディスクグラインダー G10SL6
出典:Amazon

使い勝手の良さで選ぶならハイコーキのコード式ディスクグラインダーG10SL6!

軽くて本体がスリムなので、握りやすさは抜群です。

機能面は、さきに紹介したマキタのGA4041Cに劣りますが、価格が半分くらいなのでプロ用で、低価格のグラインダーが欲しい方におすすめです。

国内2強メーカー、ハイコーキのディスクグラインダーなので耐久性に強く、故障がほとんどありません。

金属の磨き・塗装の下処理・さび落とし・切断など、どんな作業でもつかえるタイプとなります。

スライドスイッチ式なので、電源ON・OFFが簡単にできます。

回転数 9,000min¹
タイプ 低速高トルクタイプ
最大出力 1,100W
砥石サイズ 100mm
重量 1,7kg
Amazon参考価格 税込10,882円

ハイコーキ G10SL6の最安を探す

マキタ 9533BL 100mm

9533BL

マキタの9533BLは、4年間使い倒したグラインダーです。

パワーは申し分ありませんが、スイッチの位置が本体の後ろ側についてるので、少し使い勝手がわるいと思います。

本体も胴回りが大きくて、手がそれほど大きくないわたしは、最初使ったとき少し持ちにくいと感じました。

また、胴体が短いので、両手で握るときに少しやりずらいです。

補助ハンドルも、ついてなかったと思います。

悪口ばかりになりましたが、マキタのグラインダーはやっぱりいいです!

仕事で、かなり無理をした使い方をしてましたがモーターがヘタったことがありません。

一言で言えば「タフなグラインダー」です。

9533BLは研磨・切断をオールマイティーにこなすことができます。

トルクが強いタイプなので、酷い錆をバリバリ落としたい方には向いています。

わたしは、さび落としをメインで使ってました!

木工・金属の研磨に使うと驚くほど作業がはかどります。

回転数 5,500~11,000min¹
最大出力 960W
砥石サイズ 100mm
重量 2,32kg
Amazon参考価格 税込11,336円

マキタ 9533BLの最安を探す

安全面重視のディスクグラインダー

ディスクグラインダーが怖いって方もいるんじゃないでしょうか?(ToT)/~~~

そんな方は、充電式のディスクグラインダーがおすすめ!

安全面を重視すると、価格が高くなってしまうデメリットがありますが、このタイプは安全性の他に「機能性・耐久性」が充実してます。

初期投資がかかるので、DIYユーザーにはおすすめいたしません。

互換性のあるバッテリーを持ってる方は、充電式タイプ選んだ方が作業もグンとはかどります。

また、バッテリーをもってると比較的安く本体を買うことができます。

  • キックバック軽減機能
  • ソフトスタート
  • 防水・防じん機能

などを搭載したタイプを厳選して紹介します。

安全機能が充実してるので、怪我のリスクが非常に低くなります。

また、このタイプは防水防じん保護機能が付いてるので過酷な環境で使うことができます。

いざという時に、グラインダーが壊れてる!( ;∀;)

なんてことは、まずありません!

マキタGA410DZ 14,4V 100mm

 

マキタ グラインダGA410DZ
出典:Amazon

マキタGA410DZは14,4Vのグラインダーです。

変速ダイヤル付きで、用途にあった作業がダイヤルで調整できます。

  • 石材の切断は低速回転
  • 木材の切断面をキレイにするときは高速回転
  • 作業効率を優先したいときはスピードをアップ

どんな、作業にも適しています。

14,4Vですが、パワーもけっこうあります。

本体グリップ部分が握りやすいので、片手で作業するときも、しっかり持つことができます。※基本は両手を使ってください

無線連動タイプなので、室内で作業をしたい方には向いています。

マキタの共有バッテリーを持ってる方は、いちばんおすすめしたいディスクグラインダーです。

デメリットは、バッテリーが直ぐに無くなります。

予備のバッテリーを常に用意して作業をしてください。

断片的な作業が多い方は、一押しのグラインダーです。

回転数 3,000~8,500min¹
電源 14,4V  スライドスイッチ式
砥石サイズ 100mm
重量 2,2kg
Amazon参考価格 19,284円

マキタ GA410DZの最安を探す

マキタ GA418DZ 18V 100mm

マキタ グラインダーGA418DZ
出典:Amazon

マキタの18V充電式バッテリーGA418DZ!

マキタの18Vでパドルスイッチが付いてるタイプは3機種しかありません。

※100mm

その中の一機種!

GA408と全く一緒のタイプとなります。

GA418DZは、無線連動機能がついてるタイプ!

プラス変速調整ダイヤルが付いてます。

定価で、2000円位しか変わらないのでGA418を選んだ方が使い勝手がいいかと思います。

室内で使う予定の方は、無線連動システムが付いてるので集じん機とあわせて使うと室内が汚れることがグッと減ります。

回転数 3,000~8,500min¹
電源 18V
砥石サイズ 100mm
重量 2,4kg
Amazon参考価格 21,980円

マキタ GA418DZの最安を探す

  • 楽天市場
  • yahooショッピング
  • Amazon

マキタ GA420DZ 18V 100mm

マキタ ディスクグラインダー GA420DZ
出典:Amazon

マキタGA420DZは18Vのディスクグラインダーで、XLOCK機能が付いてるタイプ。

XLOCK機能とは、ワンタッチで先端工具が取付け取外しができる機能です。

先端工具を取り換えるのって結構めんどくさいですよね?

わたしの仕事は、塗装の下地をグラインダーでやることが多いので、先端工具をこまめに変えることがあります。

XLOCK機能は、先端工具の交換が多い方におすすめです。

GA420DZは、18Vのフラッグシップモデルなので安全面はじゅうじつしてます。

離せば止まるパドルシフト

キックバック軽減システム

負荷に応じた自動変速機能

再起動防止

ソフトスタートなど機能面は最高峰のグラインダーです。

因みに、変速ダイヤルは付いてません。

回転数 8,500min¹
電源 テーブルデータ2
砥石サイズ テーブルデータ3
重量
Amazon参考価格

マキタ GA420DZの最安を探す

ハイコーキ G3610DB(NN)  36V 100mm

ハイコーキグラインダーG3613DB
出典:Amazon
日下くん日下くん

つい最近、うちの会社で買ったグラインダーですね!(^^♪

これ、パワーがあるのに使いやすいですよね?!

しかも、胴回りがスリムなんで、持ちやすい!

親方の甲斐田社長親方の甲斐田社長

他のグラインダーに比べると静かだろう?

日下くん日下くん

あっ、そうそう!静かですよね!

ハイコーキのモーターって、どれも静かなんですよね。

社長は、お気に入りのようですね?

親方の甲斐田社長親方の甲斐田社長

そうだね!気に入ってるよ!

日下は、パドルスイッチが嫌いみたいだけど・・・

日下くん日下くん

そうなんです!

アッシは不器用なんで・・・・その辺は、別のページでレビューしてます。

ハイコーキ ディスクグラインダーG3610DBをレビュー

ハイコーキ 充電式G3610DB(NN)

ハイコーキの同クラスグラインダーで、もっともパワーがあるタイプ。

「マキタか?ハイコーキか?」散々迷ったのですが、マキタの同クラスグラインダーと比べても軽く感じたので、G3610DBにしました。

くりかえしますが、グリップ部分が凄く細くて握りやすいです。

キックバックのときに、横に振られても力が入りやすいので横ぶれを抑えられます。

やっぱり、パワーが必要な工具はハイ―キがいいですね。

文句なしのグラインダーです。

お値段も、本体だけでしたら20,000円を切るので良心的じゃないでしょうか?

デメリットは、充電式なので使用時間が短いです。

まわしっぱなしにすると20分くらいしか電池が持ちません。

  • キックバック軽減機能
  • パドルスイッチ
  • 防水・防じん保護機能
  • ブレーキ機能
  • ソフトスタート
  • 再起動防止機能付き
  • 無段変速・オートモードダイヤル付き

ハイコーキのバッテリーを持ってる方!

これは、おすすめです。

ホントにいいグラインダーです。

回転数 3,000~10,000min¹
最大出力 1270W
電源 36Vマルチバッテリー
砥石サイズ 100mm
重量 2,3kg
Amazon参考価格 18,327円

ハイコーキ G3610DB(NN) の最安を探す

いちばんおすすめは、マキタ GA402DRGX 18V 100mm

マキタGA402DZ
出典:Amazon

いちばんのおすすめは、マキタGA402DRGXです。

理由は、バッテリー式なのに安い!

18Vのグラインダーで最安の機種となります。

機能はシンプルで、「そんな機能いらないから安くしてよ!」って方におすすめしたいグラインダーです。

マキタ製の18Vバッテリーを持ってる方は、たくさんいると思いますが、18Vのグラインダーは、どれも高額です。

その点、GA402DZは、14000円前後で本体が買えます。

作業の用途が幅広く、パワーとお値段のバランスがいいので、安価なタイプを押さえてグラインダーの売れ筋ランキングトップに顔を出します。

バッテリー式は、2,3kgを超えるタイプが多いのですが、GA402DZは2,1kgと比較的軽くサイズもコンパクトです。

マキタのバッテリーを持ってる方は、これが一押しです。

回転数 11,000min¹
電源 18Vバッテリー式 スライドスイッチ
砥石サイズ 100mm
重量 2,1kg
Amazon参考価格

マキタ GA402DZの最安を探す

ディスクグラインダー売れ筋ランキング

売れ筋のグラインダーを紹介します。

自分がほしいグラインダーを見つけたら、他の人のレビューも参考にしてください。

こんかい紹介した、グラインダーの選び方をもう一度確認して選んでください。

Amazonグラインダー売れ筋ランキングを参考にする 

まとめ

ディスクグラインダーは、電動工具のなかでも商品数がいちばん多い工具です。

ワット数や回転数に応じた作業で使わないと、切断がうまく出来なかったりディスクグラインダーが故障したりします。

また、危険度が高い電動工具なので、初心者の方は使う前に必ず使用上の注意事項を動画などで、しっかり勉強して使ってください。

グラインダーを選ぶときは、実際に手に持って重さや握り心地などをホームセンターなどで確認すると自分にあった物を選ぶことができます。

ネット通販で購入する方も、できれば実物をもってみた方がいいと思います。

本体の胴回りなどの違いで、使い心地が全然違ってきます。

安全性能も大事ですが、手に持った感覚・使い勝手のバランスが取れたグラインダーを選んでください。